行商とはお客様のところへ商品を運搬して移動巡回営業する商売で、丸勘では専用の行商用車両にて販売を行っています。
先代からおつきあいを頂いているお客様の軒先をお借りして営業を行っていますが、行商には保健所をはじめ行政機関への届け出が必要となり、許可を得ることとなります。
また行商を行う車両には、保冷庫やギャレー、はかり、温度計、揮発性消毒薬の他にも色々と備えなければならない装備も決められていて、登録は特種自動車となるのでキャンピングカーなどと同じ8ナンバー車両になるのです。
また行商の目的は移動巡回販売となり、営業地にて駐車した車両で包丁を使った調理は出来ない事となっています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

概要
行商は、客の注文を受けて運搬して行く配達とは違い、顧客のいそうな地域を商品を運搬しながら販売する方法で、広義には定期的に開催される市場を巡って物品を販売する様式や羅宇屋、包丁・はさみ研、靴磨き等サービスを提供する様式も含まれる。小売業に対して使用される言葉であり、卸売りは行商とは言わない。商品の質(消費期限 / 賞味期限の長短)によっても行商範囲は異なり、取れたその日に消費される必要のある生鮮食品は都市周辺部や都市内部で採れたり作られた食品を運んで売り歩くが、より長期間の保存ができる物品などでは都市から都市へと渡り歩くような業態も存在する。
運搬は、現代では背中に背負って電車などの公共交通機関を利用したり、自転車やオートバイやリヤカー、あるいは軽トラックなどの自動車を使うことが多い。また、江戸時代には天秤棒を担いで、その両端に売りものをぶら下げて担いで運搬することがあった。販売の場所は路上や空き地、公園の一角を間借りするか、あるいは戸別訪問をする。
商売は元来、販売される商品がたくさんある場所や人から多くない場所や人へ融通するものであり、行商はそれを仲立ちする商売の起源ともいえる販売方法である。
なお、元来固定施設(店舗)で営業することがほとんどであった業種でも自動車に営業設備を設けて営業する形態が近年増えてきている。この設備を移動店舗と、またこの販売形態を移動販売と称し、一般的に行商の用語は用いない。加えて移動式の施設を用いて食事を提供する形態を屋台と称するが、移動する範囲も狭くて行商と称することは稀である。

江戸時代の行商
江戸期の行商は、天秤棒を担いだ業態では棒手売とも呼ばれ、扱われる商品は魚介類(シジミやアサリのような貝も)から豆腐・飴といった食品のほか薬など生活物資、朝顔や金魚・風鈴といった生活に潤いを与える物品もあれば、大きな箪笥などの家具を扱う業態も存在し、果ては水を行商する者もいた。その様子は浮世絵などに描かれて、江戸時代の風物詩を今に伝えている。
その後、傘や鍋の修理、靴の補修も行商でサービスが提供されるようになった。この頃は生鮮食品の保存手段が限られ、仕入れたらすぐ売り切る必要があった。このため家庭の近くに売り歩いたり、行商や朝市などで販売する形態が多かった。
その他、寿司や蕎麦などの料理も移動式の店舗で販売された(屋台を参照)。またこの頃には、越中国(後の富山県)で盛んであった薬業が行商により販売する配置薬の販売方法が始まっている。
なおこういった業態は後に輸送技術や保存技術の発達、また都市部の消費拡大にも伴い次第に定位置に店を構える業態になっていったものもある一方、明治時代初期に生まれた牛乳の行商(量り売り)のような、新規産業に伴う新しい種類の行商も、しばしば時代と共に発生した模様である(→牛乳瓶)。

現代の行商
21世紀に入った現代でも、海産物に関しては海から遠い山間部や、また流通の主流が集中する都会から遠い離島や僻地などの地域を中心に食品や生活雑貨一切の行商の仕事が残っている。日本における現代の職業としての行商は都道府県の条例によって、その営業の届出が必要とされ、行商の営業品目などの規制がなされている。
自治体によって関係条例の名前は、「食品行商衛生条例」や「食品行商条例」または「魚介類行商取締条例」など、そのニュアンスには若干のちがいがあるが、概ね行商として定められている営業品目には、魚介類とその加工品、肉類とその加工品、菓子・パン・アイスクリーム・豆腐類・弁当などがある。ただし、東京都では特異的に肉類の行商を認めていないが、かわりにゆでめん類の行商があるなど都道府県や政令指定都市ごとにかなり変化がある。また、どの都道府県でも野菜・果物類や焼き芋・焼き銀杏など農産物およびその単純加工品は、普通行政への届出は不要である。また、古物商の行商には、警察の許可が必要である。

日本国外
世界的に見てもこういった業態は多々存在し、都市部の市場で仕入れた物品を村落などを巡回する形で売り歩いた商人などの例は古今東西で枚挙に暇が無い。
この中にはシルクロードを行き交った商人たちのように、命懸けで山越え・砂漠越えをして点在する集落に物品を持ち込んだ者もいれば、そうやって多くの商人の手を経てもたらされた異国の物品をまことしやかな(しばしば嘘の)説明を付けて売る者もいた。中世ヨーロッパにおけるオカルティズムの中には、そういった商人の作り上げた嘘が真に受けられたと考えられる物品も数多く伝わっており、例えば「ウニコール」(イッカククジラの牙)がユニコーンの伝説と関連付けられ、解毒薬として流通していた。
いわゆる貿易も、当初の頃はこういった行商で都市間を巡回していた商人らが担っており、これが交通・輸送技術の発達にも従い、より組織化され相互連結されて海外貿易などの極大な交易網に発展していったと考えられる。